FC2ブログ

きもちほ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おいしいハンバーガーの怖い話

おいしいハンバーガーのこわい話

評価:☆☆☆☆★

ファーストフードという超巨大産業がどのようにして出来上がり、
どのようにして客に商品を売るのかといったからくりが書かれている本。
たしかにタイトルどおりに下手な心霊系の本よりも怖かったりする。

中でも驚いたのは

>マクドナルドは冷凍のフライドポテトを1ポンド(約450g)30円で仕入れ、それを油で揚げて調味するだけで1ポンド600円に価値が膨れ上がる。

前々から聞いてはいたが、フライドポテトが一番儲かると力説していた友人の話は外れてはいなかったのだと感じた。
なぜそんな奥歯に物の詰まった言い方をするかというと、フライドポテト以上に利益の幅の大きいと思われる商品があったのだ。

>マクドナルドはコカ・コーラからシロップを1ガロン(4キロ弱)を500円程度で仕入れる。それに炭酸水と氷を加え、紙コップに注いで売るだけで150円にもなる。
その中に入っているコーラのシロップは6~9円である。

どうりで、ドライブスルーのねーちゃんがついでにポテトや清涼飲料水を薦めてくれるのは、一番儲かる商品達であるから薦めるのだと再認識することが出来た。


そのほかにも徹底的に管理された生産体制や、それを築く過程で職を失ったり吸収されていった中小規模の農家や個人商店が紹介されていた。

ハンバーガーの歴史や、中に入っている香料の成分や栄養素など、給食的にも都市伝説的にも価値を感じることが出来た一冊だ。子ども達にも是非読んでほしいと思う。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/19(火) 00:46:27|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月19日の夢日記 | ホーム | ウォーキングマシーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ojit.blog5.fc2.com/tb.php/7-3d65964a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

きもじぃ

Author:きもじぃ
よろしくお願いします。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。