きもちほ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名古屋旅行記2

次の目的地はカルト的な人気を誇る喫茶店、「喫茶マウンテン」です。
ウィキペディアにも項目があるほどに特徴的な店が人気で、時間帯によっては1時間ほど待つことも。
混雑を避ける意味で、今回は開店とほぼ同時の午前8時にお店に到着しました。
すでに混んでいるかと思いましたが、駐車場には痛車が2台ほど止まっていただけで、すんなり店内のテーブル席に通されました。

s-IMG_0368.jpg
多くからでも結構目立つマウンテンの看板。

メニュー表の中からこの店の名物中の名物「小倉抹茶スパ」と「ストロングコーヒー」をオーダー。
コーヒーになぜストロング?と思っていると、カップに乗った一見普通のコーヒーが出されました。
どうやらモーニングサービスの時間帯であったようで、小さなロールパンと茹で卵が付いてきました。
ストロングという名前の由来は一口飲んですぐにわかりました。とっても濃い。つまり強い眠気覚まし→ストロングとなったのでしょう。

s-IMG_0373.jpg
ストロングコーヒーとモーニング。名古屋のモーニング文化は日本一といわれます。

強いコーヒーをちびりちびりやっていると、店員さんが湯気の立ち上る平皿を持ってきました。
これが小倉抹茶スパです。
喫茶マウンテンのシンボルともいうべきこのメニューは世にも珍しい「甘いパスタ」です。
上にデコレーションされている餡子と生クリームはもちろんのこと、抹茶の練りこんだ麺も独特の甘さを醸し出しています。

s-IMG_0371.jpg
名古屋の新名物?小倉抹茶スパ。

マウンテン用語でこれを全て一人で食べ終えると「単独登頂」の栄誉を得ることができるそうです。
私も果敢に山に挑みましたが、アツアツ甘甘のパスタに圧倒され3合目付近であえなく「遭難」(マウンテン用語で食べ残して気持ちが悪くなってしまうこと。)。
20分ほど頑張ったもの、どうしても厳しいので会計時に店員さんに謝罪して店を出ました。
名古屋で一番強烈な体験でした。
抹茶スパの後味の悪さを感じながら駅まで歩き、再び電車に乗って大曽根駅に到着しました。
そこからさらに15分ほど歩くと、大きな木々が見えてきました。
ここは徳川美術館に附設している徳川園という日本庭園で、普段はお金を払って入園するのですが、この日はラッキーなことに入園無料とのこと。
係員のお姉さんに会釈して園内に入ると、池を中心とした見事な庭園が広がっていて、
桜にはまだ早かったですが、梅の花の良い匂いが遊歩道に漂っていました。

s-DSCF2297.jpg
園内の様子。なぜかハワイアンな植物も。

遠くにちょっとした人だかりができていたので目を凝らすと、その中心には白無垢姿の花嫁と紋付き袴の花婿さんがいました。
帰るときにももうひと組見かけたので、結婚する二人にとっての思い出の場所になるのでしょうか。
徳川園を通り抜けると徳川美術館に出ました。ここは流石に無料ではなく、大人一枚1200円の入館料を払って入りました。

s-IMG_0377.jpg
ちょうどひな祭り展が開催されていた。どの人形も素晴らしい。

御三家の一つ尾張徳川家伝来の品々を元にした美術工芸品の数々は素晴らしいものでした。
維新や戦争のどさくさで多くの大名家に伝わる骨董品が散逸してしまった他の大名家とは対照的に、尾張徳川家はいち早く文化財の保護に力を入れ、
このような大きな美術館を維持運営することができたということです。
その中には国宝も含まれ、私が回ったときには天下の名刀包丁正宗と素晴らしい蒔絵細工の二点が展示されていました。
さらに著名な国宝である源氏物語絵巻も保管されているのですが、保存状態を考慮して年に数日しか公開されていないようで、レプリカのみが展示されていました。
特別展示室では、季節を踏まえたひなまつり展が開催されており、大名の姫様がお使いになった絢爛豪華な雛飾りや凝りに凝った細工がされている小道具の数々が並べられていました。
平たく言えば子どもの使うおもちゃなのに、驚くほど一つ一つに手が込んでいて、日本人の手先の器用さを存分に知ることができました。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/25(日) 18:54:37|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名古屋旅行記3 | ホーム | 名古屋旅行記1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ojit.blog5.fc2.com/tb.php/106-ec99b14d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

きもじぃ

Author:きもじぃ
よろしくお願いします。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。