FC2ブログ

きもちほ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドラことば

ドラことば心に響くドラえもん名言集

評価:☆☆☆☆★

ご存知、国民的にマンガのドラえもんから、名言や勇気の出る言葉友情や家族を思うセリフを抜き出して紹介する本です。
ジャイアニズムや、パパの伝説の2ページ超説教の解説をみれるのはポイント高し。


子どもの頃には?????といった表現や言葉も、歳を重ねるにつれて深さや意味を感じることが出来るようになるとおもいます。

特に結婚前夜のしずかちゃんにやさしく語りかけるお父さんのセリフはグッときます^^;
いかに自分がのび太よりも出来るの悪い人間かというのがわかります。

「あの青年は人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことの出来る人だ。」

私は一生かかっても、のび太のように振舞える自信がありません。
子供向けのマンガだと思っている人、社会人の方で最近疲れている人、頑張るきっかけのほしい人にはぜひともお薦めしたい一冊です。

ただ、本に出てくる声優さんが水田わさびさん世代になっているのが、大山のぶ代さん世代の私からすると残念です。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 00:51:47|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月26日の夢日記

中学時代の一番の秀才と食事に行く夢。
小学校時代は仲がよかったが、
中学に入ってからあまり仲良くなかった子。
昔を思い出してなかなか楽しめる夢だった。

ちなみにその秀才は地元の進学校に推薦で入り、東大の法学部に入学。
現在は外資系の会社で働いているとか。
今でも仲がよければ3万円くらい貸してくれただろうか。疎遠になったのが悔やまれる。
  1. 2008/02/27(水) 21:25:59|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苗山さん

去年の3月、能登半島での地震が起こった際の怪奇現象(?)

NHKのアナウンサーが中能登町役場の苗山さんに地震後の状況や、現在の復旧に関して電話を使ってのリポートを行っていたときのこと。


NHKアナ「今あの、そちらの中能登町役場は、庁舎内は停電になっていますか?」
苗山さん「いや、あの~、ここはなっておりません」 NHKアナ「あ、そうですか」 苗山さん「ええ」
苗山さん「それとですね、すぐ、そういう事態になれば、あの~、非常発電もありますので。
       それについては、もう~機能的には、あー、じ(不自然に途切れる)」
―沈黙―

NHKアナ「…もしもし?」
?「ハイッ?」←明らかに声質が違う!!!!????
NHKアナ「あっ、あのー…、えー、引き続き苗山さんでしょうか?」
自称・苗山さん「ハイッ?」←聞こえてるのに疑問系で質問に答えない
NHKアナ「あ、もしもし?あの、
      電 話 の 方 変 わ ら れ ま し た で す か ?」
自称・苗山さん「イエカワッテオリマセン」←早口3倍速
NHKアナ「あっ、あのー…、 苗 山 さ ん で す ね …?」←アナ、確認3回目
自称・苗山さん「・・・・・・」←答 え な い 

NHKアナ「あ、今も、信号機の停電などは確認…、あの、停電によって信号機が例えばあの…
    止まってたりというようなことはあるでしょうか?」←動揺しまくり
自称・苗山さん「フッキュウシテオリマス」←早口3倍速
NHKアナ「あ、復旧していますか…」


大部分は2chの書き込みから。
たしかに2分以降の苗山さんは音声を聞く限り、別人と言っていいでしょう。
この原因は混線ともいわれていますが、

『某国に拉致された』
『原発の重要な部分を言いそうになった』

ため入れ替わったという噂も話題になりました。本当のところはどうなんでしょうね……

テーマ:都市伝説 - ジャンル:サブカル

  1. 2008/02/26(火) 21:10:14|
  2. 都市伝説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月25日の夢日記

ワシントンホテルで友人達と話している夢を見た。
なんだか楽しい夢だった。
  1. 2008/02/26(火) 06:52:17|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月24日の夢日記

ダラダラとダラ寝してしまったので、
いくつか見たのですが覚えているのは二つ。

・中華丼を作っているのですが、いざ完成してごはんにかけたらご飯がめちゃめちゃ硬いご飯でスプーンでも掘れず結局食べられなかった夢。

・友人達とゲームセンターに行く夢。
 途中で一家で自殺のあった家を通り過ぎると、その家がピンクのペンキで塗られていた。家の敷地の中にある大きい杉の木もペンキで塗られていた。
 さらに隣にある物置小屋が爆弾で解体されていた。
「警察もよくやるなー」と友人が感心したところで目が覚める。


夢日記を付け始めてからよく夢を見るようになりました。
夢を見るのはそれほど熟睡していないというサインであると話を聞きましたが、
そうなのでしょうか。。。
  1. 2008/02/24(日) 16:39:54|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のおつまみ ~ ニラとひき肉のカレー炒め


きょうのおつまみ
本日のおつまみはこれです。
ひき肉を県内産の豚100%のものだったので、高かった。。。
カレー風味がおつまみにぴったりです。

あまり上手に写真が取れていませんが、なかなかおいしいです。
食事関係の仕事をしていますが、料理それほど得意ではありません。

ブログのほうで徐々にアップしていければと思います。
  1. 2008/02/23(土) 22:38:23|
  2. 料理のおけいこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯料金と流行り神

12月にソフトバンクに携帯を乗り換えたのはいいのだが、
自動引き落としに使う通帳の届け印が間違っていて引き落とせず、
とうとう昨日催促状が来たのでコンビニで支払いをすることにした。
ソフトバンクさん、遅くなってごめんなさい。

その足でいつか買おうと思っていた流行り神2を購入。
たしか四八(仮)を発売日が非常に近かったのを覚えている。
都市伝説に非常に関係が深いホラーアドベンチャーゲームで、
一作目をプレイして面白かったのでいつか買おうと思っていたのだが、
ようやく買うことが出来た。

早速帰って流行り神をしながらゴロゴロしている。
なんともダメダメな休日だ。

もう少ししたら、ジムで少し汗を流してシャワーを浴びてサウナで温まろう。
そのあと、おいしいビールを飲みながら流行り神の続きをしよう。
  1. 2008/02/23(土) 19:54:04|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三国志 横山光輝

三国志 (1)

評価:☆☆☆☆★

マンガは悪いものといつの時代の大人も言いますが、
私の親は三国志を買うお金だけは定期的にくれました。
500円をもらうと、三国志のコミックを一冊買って、17アイスを自動販売機で買い、残った10円玉でガムをいくつか買うというのが小学校中学年だった私のお金の使い道でした。

横山先生は私が尊敬する最も偉大な漫画家の一人でありまして、本格的に初めてマンガを読んだのは三国志が初めてでした。
これが非常におもしろい。最初の頃は子供向けだったようで、残酷なシーンや子どもでもわかりやすい表現が多用されていたのですが(クビや腕が吹っ飛ぶコマなど。)、のちのち大人向けの表現に移行していきました。
これは三国志を沢山の大人が読んでいることを知った横山先生が、対象年齢を引き上げた結果なのだそうです。

この作品で一番すごいと感じるところは、長時間読んでいてもそれほど疲れないところです。
これは決して作品の中身がないからそう感じてしまうのではなく、横山先生の技術の賜物であるといえます。三国志という、想像をはるかに超える登場人物を書き分け、良いテンポで物語り進め、読み手のあたまにしっかりとあらすじを刻むことの出来る物語の構成能力は横山先生のマンガの描き方がいかに上手であったかを示すものでありましょう。

蜀びいきで書かれている三国志演戯を土台として描かれているために、後半などは特に蜀、とりわけ軍師であり名宰相でもあった孔明の活躍が描かれています。その影響を受けて、読んでいた頃は蜀を応援していたのですが、歳を取ってひねくれていくにつれて、私は司馬懿 がお気に入りになっていきました。
特に好きなキャラクターは
・司馬懿
・宇禁
・李儒
の三人です^^;;; (誰も同意してくれませんが)

この作品から三国志に入った人も多く、現在の日本で広まっているほとんどの三国志キャラクターの特徴が良く捕らえられています。
(資料不足だと思われているかもしれませんが、日中国交正常化以前から描き始めていたので絶対的に詳しい資料が少なかった時代、これだけの作品を描かれるのは大変な苦労があったものと思われます。)

ただひとつ、官渡の戦い を描いてくださらなかったのが残念でなりません。曹操の権力が決定的なものになる重要な闘いなのですが……
雑誌が移動したのが書かなかった理由らしいのですが、横山先生の描く官渡の戦いを是非見たかったです。
  1. 2008/02/23(土) 12:49:29|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完全自殺マニュアル

完全自殺マニュアル

評価:☆☆☆★

この本が発売されてから早いもので15年が経ちます。
自殺という行為の是非についてテレビや雑誌でもこの本を取り上げ、
議論が交わされていたのを覚えています。

いくつかの自治体で有害図書の指定を受けたのも話題を呼びました。
私の住んでいる県は残念ながら有害指定という判断を出してしまい、
図書館では見ることが出来なかったと思います。
それが原因かわかりませんが、私が初めてこの本を手に取ったのは2年ほど前のことでした。(遅すぎますね。^^;)

発売から数年後には、すでに使えない薬などがいわゆるメンヘラーさんたちの間で指摘されはじめ、現在ではあまり有効ではない方法や薬が紹介されていますが、15年という期間を考えれば仕方がないことなのかもしれません。
最近では特に有効ではなくなった箇所として、富士山の樹海マップが挙げられます。その名前の通り、樹海の中の自殺に適した場所をXゾーン(よほど熟練された人でもなければ立ち入ることが難しく、自殺後の遺体が発見される確率が極めて低い場所)として紹介していましたが、GPSの登場で樹海内の捜索も楽になり、Xゾーンへも簡単に踏み込めるようになりました。
Xゾーンで発見される死体の脇には、完全自殺マニュアルが遺品とともに置かれていることが多いそうです。

そのほかの内容としては、各種の自殺方法の長所や短所、レアな自殺のケースや有名人の自殺が紹介されており、なかなか見やすい構成となっています。
  1. 2008/02/23(土) 10:44:41|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月22日の夢日記

みなさんの夢には色が付いていますか?
私の夢は付いていることが多いです。
そのため、楽しい夢はとことん楽しめるのですが、気持ちの悪い夢はますます苦しくなるという諸刃の剣です。


小学校時代の友人の家に久々にお邪魔すると、葬式をやっていた。
だれが死んだのかよくわからないが今日は来るべきでないと思い、
「失礼しましたー」と帰ろうとするのだが、喪服を着ているおばさんに強引に誘われて家の中に入ってしまった。
家の中はとても広く、黒塗りの木であしらった廊下の両側には畳敷きの部屋がいくつもあった。その中にはおばさん同様、喪服を着た親族が座っている。
そのうちおばさんとはぐれてしまい、ひとり家の中をうろついていたが相変わらず誰のお葬式かわからない。そのとき、喪服を着た人の中に自分の両親を見つけた。
むこうもこちらに気づいたようで
「なんでおまえは喪服をきないんだ!」
と怒鳴られた。葬式会場なのに。
「俺だって好きでこんなところにいるんじゃねえ!」
と自分も怒って両親口げんかをしたところで目が覚めた。

  1. 2008/02/23(土) 10:10:24|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ああ玉砕


ああ玉砕―水木しげる戦記選集 (戦争と平和を考えるコミック)

評価:☆☆☆☆★

水木先生のマンガは大好きだったのですが、
さらに私の水木熱を上げてくれたのがこの作品。

2008年の現在、実際に戦場に赴いて戦争を経験された漫画家の先生はおそらくいないのではないでしょうか?
この水木しげる先生を除いて―

水木しげる先生といえば、鬼太郎や悪魔くんをはじめとする妖怪や超常現象のマンガが有名です。
それよりも私が感動と臨場感を得た作品が水木先生の描く戦争マンガでした。

水木先生の作品をあらかた読むとわかるのですが、水木先生が潜り抜けた死線はひとつやふたつじゃありません。現在の手厚い印税やキャラクター版権でヌクヌクをマンガを描いている先生方とははっきり言って別格な漫画家です。
赤紙をもらって南方の最前線で片腕を失いながらも必死で生き抜いてきた水木作品の説得力にはただただ感心するばかりでした。

以前NHKの水木先生の特集でこんなことをおっしゃっていました。
「あなたがたの編集長はマンガが売れなくて死にかけたことはありますか?
 ない?それはだめだねー死にかけたことがあるっては強いものですよ、ハハハハ……」
このセリフを聞いて、水木先生には一生かなわないなと心のそこから思いました。

妖怪マンガもいいですが、たまには水木先生の戦争マンガはいかがですか?
きっとあなたが今、どれだけめぐまれた状態で生活しているかわかるはずです。
戦後63年― 本当の戦争マンガは、水木先生しか描けないのではないでしょうか?
  1. 2008/02/22(金) 23:53:14|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月21日の夢日記

なぜか友人が家に押しかけてきて、
仕事に行かなくては行けないにもかかわらず、
好きなアイドルの話を長々として上にうちのお風呂に入っていきました。
それも2日連続で。
勤務先はどうなっていたのか全くわかりませんが、私は仕事に行きたくないんでしょうね……
  1. 2008/02/22(金) 23:41:57|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月19日の夢日記

舞台は高校三年生で、時期は今頃。
どこの大学にも願書を出していなかったので、
浪人が確定的な状況にあせりっぱなしの自分。

そのあと場面が変わって大学。やっぱり時期は今頃。
今度は卒業するのに単位が足りずあたふたしっぱなしの自分。

あせってばかりで疲労の回復しない夢でした^^;
  1. 2008/02/20(水) 07:21:30|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おいしいハンバーガーの怖い話

おいしいハンバーガーのこわい話

評価:☆☆☆☆★

ファーストフードという超巨大産業がどのようにして出来上がり、
どのようにして客に商品を売るのかといったからくりが書かれている本。
たしかにタイトルどおりに下手な心霊系の本よりも怖かったりする。

中でも驚いたのは

>マクドナルドは冷凍のフライドポテトを1ポンド(約450g)30円で仕入れ、それを油で揚げて調味するだけで1ポンド600円に価値が膨れ上がる。

前々から聞いてはいたが、フライドポテトが一番儲かると力説していた友人の話は外れてはいなかったのだと感じた。
なぜそんな奥歯に物の詰まった言い方をするかというと、フライドポテト以上に利益の幅の大きいと思われる商品があったのだ。

>マクドナルドはコカ・コーラからシロップを1ガロン(4キロ弱)を500円程度で仕入れる。それに炭酸水と氷を加え、紙コップに注いで売るだけで150円にもなる。
その中に入っているコーラのシロップは6~9円である。

どうりで、ドライブスルーのねーちゃんがついでにポテトや清涼飲料水を薦めてくれるのは、一番儲かる商品達であるから薦めるのだと再認識することが出来た。


そのほかにも徹底的に管理された生産体制や、それを築く過程で職を失ったり吸収されていった中小規模の農家や個人商店が紹介されていた。

ハンバーガーの歴史や、中に入っている香料の成分や栄養素など、給食的にも都市伝説的にも価値を感じることが出来た一冊だ。子ども達にも是非読んでほしいと思う。
  1. 2008/02/19(火) 00:46:27|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウォーキングマシーン

今日はスポーツクラブでウォーキングマシーンで歩いてきました。
私は体重が非常に重いので、体重を入力して傾斜をつけて、ある程度のスピードを設定すると消費カロリーが上がっていきます。
iPodタッチで音楽を聴いたり動画を見るので、それほど飽きることなく1時間くらいは乗っていられます。(それ以上はやっぱり疲れちゃうけど)
総消費カロリーを見ると580キロカロリー。
ほんまかいなあ。。。。多すぎる気もするけどまあいいや。
その後温泉に行ってサウナに入ると合計で6~800グラムくらいは減っているのでうれしいです。
まあ水分だろうけど>x<

今はウーロン茶でお刺身を食べています。
  1. 2008/02/18(月) 22:07:44|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月17日の夢日記

夢日記を記録すると発狂する……という都市伝説がありますが、
覚えている夢について記していけたらと思います。

昨日は何故か星新一さんとパン屋で対談という、とんでもない夢の内容だった。
対談の内容は良くわからないが、楽しい夢だったのを覚えている。

個人的なものだと思うが、寒くなるとよく夢を見る気がする。
  1. 2008/02/18(月) 18:51:59|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うむー

昨日今日と何も出来なかった……
特に昨日は最悪で、ウォーキングで600キロカロリー消費して喜んでいたのだが、
夜に友人宅でアルコールを飲んでクダクダに……
毎度のごとく記憶が飛んで、友人に聞くとピザを食べていたとか……
ひぃー><

今日はようやく「ひぐらしのなく頃に解」を見ることができた。
なかなか面白かった。人気になるのもわかる気がする。
これでひぐらし分野のヲタトークに対応可能になった。
廃人度が加速した。
  1. 2008/02/17(日) 18:48:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呼ばわり山の謎

動画も投稿できるというので、テストも兼ねて……

呼ばわり山―
東京都の郊外にあるこの山にはある伝説がある。
それは、迷子になった子どもを山頂から呼ぶと必ず帰ってくるという伝説である。
神隠しという名の行方不明者の多かった時代には、この山の山頂からわが子を呼ぶ声が何度も聞こえたという。

そんな呼ばわり山にオールナイトフジの潜入取材が入ったときの心霊映像。白い子どもが深夜の山中でパタパタと走ります。


私はこの映像に関するエピソードを以前参加した百物語で聞きました。
その話をされた方曰く、
「労働法の問題で絶対に子どもは深夜の番組に使ってはいけないという規則がある。それにこんな仕込みを引き受ける人はいないだろう。このときの映像は絶対本物の幽霊だと思う。」
と言っていたので、前々から興味を持っていました。
画像は非常に荒いですが怖いですね。
(閲覧注意。)

テーマ:都市伝説 - ジャンル:サブカル

  1. 2008/02/17(日) 18:46:48|
  2. 都市伝説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引っ越してきました。

前のブログが色々と問題がありまして、ライブドアに引っ越してきました。
タイトルどおり、都市伝説と給食などについて記事を書いていけたらと思います。
  1. 2008/02/17(日) 18:39:56|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

きもじぃ

Author:きもじぃ
よろしくお願いします。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。