FC2ブログ

きもちほ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

翔べ! 必殺うらごろし

翔べ!必殺うらごろし (上巻) [DVD]翔べ!必殺うらごろし (上巻) [DVD]
(2006/06/07)
中村敦夫和田アキ子

商品詳細を見る



評価:☆☆☆☆★

時代劇の必殺仕事人は知っていても、必殺うらごろしを知らない人は多いのではないでしょうか?
うらごろしは、それまでの必殺シリーズ(必殺仕置人、必殺商売人、必殺仕舞人など)とはかけ離れた異色の作品です。
なぜ異色作かといわれますと、まず時代劇でオカルトを取り上げたこと。
放送されたタイトルを見ましても、
「仏像の眼から血の涙が出た」
「手が動く!画家でないのに絵を描いた」
「馬が喋べった!あんた信じるか」
とぶっ飛んだものばかり。お年寄りには受け入れがたいオカルトテーマと、出演者の市原悦子さんの鬼気迫る演技力で視聴率はシリーズ最低を記録してしまいました。(このうらごろしの反省を踏まえて必殺仕事人の制作が決まりました。)
ここまでの話を聞いて、どれだけ凡作だよ……と思った人もいるかもしれませんが、
私個人としましては時代を先取りしすぎた感の非常に強いドラマであると思います。

誰一人として本名を明かさない設定、女子供でもためらわず虐殺する悪人ども、それを昼間から惨殺する主人公たち(従来の必殺シリーズはあくまで『暗殺』のため、夜の闇にまぎれて暗殺を行う事が通例でした。)……
若かりし頃の和田アキ子さんや、悪人を油断させて短刀で殺す市原悦子さん、それに大日如来の凡字を記した旗で敵を貫く中村敦夫さんといった個性的な面々が物語を盛り上げます。
話の中盤まで悪事の限りをつくす悪人どもを清める(暗殺する)流れは鳥肌ものです。
私はDVDで全て揃えました。最近の時代劇に飽き飽きした人にぜひともお勧めしたい一本です。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/01(日) 12:27:07|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真説戦国武将最強は誰だ?

真説戦国武将最強は誰だ? (いずみムック (44))

評価:☆☆☆★

こんな歴史系の本も読んだりします。
とくに500円でコンビニで売っているムック本は結構好きなんです。
500円で役に立つ情報や新しい発見に出会えればかなりお得ですよね。

この本は戦国時代の武将50人を2~6ページで紹介していくもの。
さらに戦闘力・統率力・人望・財力などの項目で各人の本当の力を再確認していくというスタイルです。
忘れっぽい人間ですので、戦国時代についてはすぐにあやふやになってしまう私なのですが、
この本を読んで、戦国時代というものの流れを再確認できて良かったです。

信長の野望を一回クリアしたけど、
「あの能力の結構高かった武将ってどんなやつ?顔に気にくわないから首をはねちゃったんだよなあ」
という人には特にお薦め。
  1. 2008/03/05(水) 21:39:59|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学校怪談

学校怪談 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)

評価:☆☆☆☆★

※文庫版も出ていますが、今回は全15巻のチャンピオンコミックの方で話したいと思います。

名作。私はこの作品が連載していた当時、チャンピオンを買っていたのですが、ドカベンや刃牙などしか読んでおらず、ページ数も少なく巻末に載っていたこの作品を、不覚にも読み飛ばしていました。
結局、この作品を読んだのは完結から4,5年経った頃のことでした。
ある日、マンガ喫茶で腰をすえて1巻から読んだ私は、すっかりこの作品に魅了され、マンガ喫茶の帰り道にある本屋で大人買いをしてしまいました。

1~5巻が特に秀逸。
1話完結の不思議な話、怖い話、切ない話、後味が悪い話がきれいにまとめられており、
中にはひとつのセリフもない話が差し込まれていたりと、飽きを感じません。
主人公のヤマギシ君は、よく死んだり発狂したりします^^;

6~15巻は、主人公のクラスに九段先生という霊感を持った先生が赴任して、
今度はヤマギシくんは死ななくなります^^;
1話完結は変わらず面白いのですが、私は1~5巻の潔さと独特の雰囲気が大好きです。

古本屋の100円コーナーでも見かけますので、1冊だまされたと思って買ってみてください。
楽しめると思いますよ。ファンになったら新品を買いましょう(笑)

お薦めのエピソードは2巻の「水辺の情景」、3巻の「門番」、4巻の「心臓抜き」、5巻の「ひまわり」。
  1. 2008/03/02(日) 13:04:21|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

D級都姿伝説

D級都姿伝説 (MG BOOKS)


評価:☆

読んでいて、苦痛になる本―
年に1,2度は遭遇するのですが、これがまさにその本です。
急いで電車に乗るときに、車内で読む本として表紙買いしてしまった自分が悔やまれます。

都市伝説関係の本かと思っていましたが、あくまで内容は戯けた『都姿伝説』。
のっけからセックスに関する作者の友人が書いたつまらない小説を読まされ、何のオチもない木のたたりや使い古された心霊スポットの話、主人がツタンカーメンの生まれ変わり(この原稿の半分が使い古されたツタンカーメンの呪いなんてないよ!という解説。)などなど……

そういったド級の糞話をようやく潜り抜けたかと思えば、後半は地獄のUFOゾーンに突入します。
作者の脳内UFOオナニー全開のアメリカは何か隠している!というものからはじまり、しまいには宇宙人の皮膚を移植された!宇宙人の声の入ったCD!など(タイトルだけ見ると面白く感じるかもしれませんが、おもしろいのはタイトルだけです。)

多分この人、UFO研究家(?)の中でもあんまり相手にされないんじゃないでしょうか?
それで、最近流行の都市伝説にあやかったタイトルにしたのでは?とかんぐってしまいます。
「都姿伝説」という単語も作者なりの意味があるかもしれませんが、全部読み終えた今、『ただの誤字じゃないの?』と思えてしまうから不思議です。
★にしなかったは、表紙のデザインが良かったため。

こんな本、ミクシィでも星1~2個だろう!と思っていましたが、なんと星5つ!!
しかし、よく見ると星5つをつけていたのはこの本の作者でした……
  1. 2008/03/02(日) 12:38:01|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラことば

ドラことば心に響くドラえもん名言集

評価:☆☆☆☆★

ご存知、国民的にマンガのドラえもんから、名言や勇気の出る言葉友情や家族を思うセリフを抜き出して紹介する本です。
ジャイアニズムや、パパの伝説の2ページ超説教の解説をみれるのはポイント高し。


子どもの頃には?????といった表現や言葉も、歳を重ねるにつれて深さや意味を感じることが出来るようになるとおもいます。

特に結婚前夜のしずかちゃんにやさしく語りかけるお父さんのセリフはグッときます^^;
いかに自分がのび太よりも出来るの悪い人間かというのがわかります。

「あの青年は人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことの出来る人だ。」

私は一生かかっても、のび太のように振舞える自信がありません。
子供向けのマンガだと思っている人、社会人の方で最近疲れている人、頑張るきっかけのほしい人にはぜひともお薦めしたい一冊です。

ただ、本に出てくる声優さんが水田わさびさん世代になっているのが、大山のぶ代さん世代の私からすると残念です。
  1. 2008/02/29(金) 00:51:47|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

きもじぃ

Author:きもじぃ
よろしくお願いします。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。