FC2ブログ

きもちほ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同人誌でけたよー

IMG_0189c.jpg   IMG_0187c.jpg

冬コミに持っていく都市伝説本が出来上がりました。
表紙はネットの知り合いの方に描いていただきました。
とっても上手な出来栄えで、感謝感激です。
中身の2兆倍素晴らしいです。

内容は、
・未放送の都市伝説
・東京パワースポット巡り
・都市伝説コラム
・都市伝説実体験
こんな感じですね。

実はこれはプロトタイプ版で、来年の2月ごろに同人誌印刷所からもっとしっかしたものが届く予定です。
内容もより深まった「よい子のための都市伝説講座 完全版」をお楽しみに。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/19(土) 13:23:20|
  2. 都市伝説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

苗山さん

去年の3月、能登半島での地震が起こった際の怪奇現象(?)

NHKのアナウンサーが中能登町役場の苗山さんに地震後の状況や、現在の復旧に関して電話を使ってのリポートを行っていたときのこと。


NHKアナ「今あの、そちらの中能登町役場は、庁舎内は停電になっていますか?」
苗山さん「いや、あの~、ここはなっておりません」 NHKアナ「あ、そうですか」 苗山さん「ええ」
苗山さん「それとですね、すぐ、そういう事態になれば、あの~、非常発電もありますので。
       それについては、もう~機能的には、あー、じ(不自然に途切れる)」
―沈黙―

NHKアナ「…もしもし?」
?「ハイッ?」←明らかに声質が違う!!!!????
NHKアナ「あっ、あのー…、えー、引き続き苗山さんでしょうか?」
自称・苗山さん「ハイッ?」←聞こえてるのに疑問系で質問に答えない
NHKアナ「あ、もしもし?あの、
      電 話 の 方 変 わ ら れ ま し た で す か ?」
自称・苗山さん「イエカワッテオリマセン」←早口3倍速
NHKアナ「あっ、あのー…、 苗 山 さ ん で す ね …?」←アナ、確認3回目
自称・苗山さん「・・・・・・」←答 え な い 

NHKアナ「あ、今も、信号機の停電などは確認…、あの、停電によって信号機が例えばあの…
    止まってたりというようなことはあるでしょうか?」←動揺しまくり
自称・苗山さん「フッキュウシテオリマス」←早口3倍速
NHKアナ「あ、復旧していますか…」


大部分は2chの書き込みから。
たしかに2分以降の苗山さんは音声を聞く限り、別人と言っていいでしょう。
この原因は混線ともいわれていますが、

『某国に拉致された』
『原発の重要な部分を言いそうになった』

ため入れ替わったという噂も話題になりました。本当のところはどうなんでしょうね……

テーマ:都市伝説 - ジャンル:サブカル

  1. 2008/02/26(火) 21:10:14|
  2. 都市伝説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呼ばわり山の謎

動画も投稿できるというので、テストも兼ねて……

呼ばわり山―
東京都の郊外にあるこの山にはある伝説がある。
それは、迷子になった子どもを山頂から呼ぶと必ず帰ってくるという伝説である。
神隠しという名の行方不明者の多かった時代には、この山の山頂からわが子を呼ぶ声が何度も聞こえたという。

そんな呼ばわり山にオールナイトフジの潜入取材が入ったときの心霊映像。白い子どもが深夜の山中でパタパタと走ります。


私はこの映像に関するエピソードを以前参加した百物語で聞きました。
その話をされた方曰く、
「労働法の問題で絶対に子どもは深夜の番組に使ってはいけないという規則がある。それにこんな仕込みを引き受ける人はいないだろう。このときの映像は絶対本物の幽霊だと思う。」
と言っていたので、前々から興味を持っていました。
画像は非常に荒いですが怖いですね。
(閲覧注意。)

テーマ:都市伝説 - ジャンル:サブカル

  1. 2008/02/17(日) 18:46:48|
  2. 都市伝説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

きもじぃ

Author:きもじぃ
よろしくお願いします。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。